感謝と炭酸で腹がはち切れそうだ。

https://www.instagram.com/p/BHea2Sahix1/

 豊島区東長崎にある、中華屋。「晩酌セット」の5文字に惹かれて、29歳の友達とフラフラ入った。彼女は『汚いところは嫌だ!』と何度も言っていたけど、それを押し切る形で入店。980円で飲み物が1杯、中華料理が3品。3品。エビチリ、ホイコーロー、豚ミミの和え物。向こうが何を頼んだかは今や覚えていないが、十分に素敵だったと思う。ユーリンチーもあったか。それらを前に、途中何度も『やー、もしかしたら最高かもしれない』と言っていた。

 

 今の職場の就業時間は18:15で、それからのんびり喫煙する。18:40には喫煙所を出発、18:50に中華屋に到着。「3品ずつ」をテキトーに頼んで、ビールで乾杯。早々に飲み終えては、19:00までのハッピーアワー、200円のビールにしがみつくようにおかわりをする。さっきの1杯目のスピード感のせいで、徐々に酔いが回ってきた。ごまかすように口に突っ込んだ濃い味のホイコーローが幸せだ。

 酒を飲んでいる間は、関ジャニ∞渋谷すばるがどうだ、今季のアレコレが格好良い、上司のあの人は何を考えているんだ、彼女とはどうなんだ、みたいなことを話す。特にしなくても良い話ばっかりで大した盛り上がって、ゲラゲラ笑う。テーブルにこぼしたエビチリのソースを『おら、舐めろ』と言われて、「きったねえ 本当に無理だよ」とここでも笑ってる。

 アンダーカバーが好きな、気の優しい29歳。話し口は柔らかだけど、奥底にどす黒い考えを秘めてる人。それを特別僕にじんわり垂れ流してくれるような、僕を信用してくれている人。職場でこんな良い人に出会えるとは思っていなくて、3ヶ月が経った今こうして文章にしてみると、彼女の良さが実感できて嬉しい。

 

 人との出会いは尊いもので、運命的だ。パラレルワールドのことを少し信じてみたくもなる。大学4年の僕が普通のルートでどこかに就職していたら。浪人せずにストレートで大学に入学していたら。中学校の頃に憧れた、介護の仕事を選んでいたら。何なら、引きに引いてはお父さんとお母さんがそもそも出会っていなかったら。きっと、今僕の周りにいるほとんどの人は消えてしまうだろう。全然違う人生を歩んでいたことだろうと思う。そもそも、60マイクロメートルのオタマジャクシみたいな形のまま、ティッシュの中でゴミ収集日を待っていたかもしれない。

 今の僕を作った全ての事象のうち、一つでも欠けてしまえばきっと、今の恋人に出会うことも無かっただろうし、同居人の2人と仲良くできている現在は確実に無い。地元の友達の結婚をめでたく思うことも無かった。上の写真の友達とビールで酔うなんて、あり得ない。

 そう考えてみれば、今自分に関してくれる全ての物や人に対する「感謝」や「ありがたみ」みたいなのが生まれて当然だ。感謝ばっかり。お父さん、お母さん、死んだじいちゃんとばあちゃん、そのまた前の、顔も見たこと無い先祖の方たちに対する感謝。これまでの自分の生活そのものに対するありがたみ。それはそれとして存在できたということ。もう、全部。もれなく全部。全部本当にありがとうございます。対象の範囲が大きすぎて包括し切れない。とりあえずアヤコさん、これからもよろしく。結構うまかったですね、中華屋。