読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「一番好きなブランド」が無い男。

 

 コムデギャルソンは好きだ。好きだけど、一番好きかと言われればそうでもない。『一番最初に出てくるということは…』なんていう意地悪な反応はやめてもらいたい。玄関に並ぶスニーカーはナイキばっかり。それでも、ドクターマーチンのブーツを履けばウキウキするし、雪駄にスラックスの合わせは最高だ。

https://www.instagram.com/p/BHClix4BOX8/

 

 一番好きなブランド。中学生の頃からファッションを追い続けてきた僕は、その時々で好きなブランドがちょくちょく変わった。サイズのデカい服こそが至高だと思っていた12歳の僕は、A BATHING APEが好きだった。高校に入って、サブカルチャーが好きな女の子を好きになって、Ne-netを好きになった。彼女とひどい別れ方をしてから、黒い服だけを着るようになり、古着のダイエットブッチャースリムスキンを着る。浪人の時代はもう訳が分からなくなって、ユニクロのTシャツをメッタメタにボロッボロに切り刻んで着たりもした。この頃から、「一番好きなブランド」の概念が徐々に消えていったんだと思う。

 今はと言えば、極力デザインの少ない服が好きだ。ブランドで選ぶことは一切無くなった。ちょっと前に「ノームコア」とか「シンプルベーシック」とかいうスタイルが流行して、そこに乗っかってみようと思ったが最後、いつのまにか僕のTシャツにはプリントが消えた。色もそれに準じて消えた。所有する服の数もどんどん減っていって、ヘインズのTシャツにコーヒーをこぼしては捨て新しく5枚パックを買って。それも、ヘインズじゃなくてもいい。ギルダンだろうがフルーツオブザルームだろうが、ユニクロだろうが関係無し。

 

 恋人は今、ファセッタズムに興味があると言う。友達はunusedばっかり見ていると言った。先輩はアンダーカバーを常に素敵に着こなす。僕はコムデギャルソンのポリ縮絨のスラックスばっか穿いてる。ナンバーナインのスキニーパンツもたまに穿いてる。浪人時代に買ったフェノメノンのスラックスは、いつまでも捨てられない。『こだわりが無いのがこだわりです』なんていうメタ的で奇をてらいまくった一言をぶちかましたい訳ではないが、もしかするとブランドに関してはそうなのかもしれないなぁ。