カバンの中身は人間性を表すか。

お題「私のカバンの中」

 

 はてなブログの新機能「お題スロット」を使って、筆不精の自分のお尻を叩いた。筆不精というか、何だ。キーボード不精か。これは全然面白くないな。

 僕は、カバンの中を写真に撮って公開して、それを一生懸命説明するくらいの手間を惜しむ人間で、そういう人間のカバンの中はもれなく汚いのだ。そういうことだ。僕のカバンの中は汚い。

 順序をデタラメにして無理矢理に格好付けて説明した。ただ純粋に「カバンの中身がきったないから公開なんてできない」という話だ。「写真を撮る煩わしさが…」とか、手間を惜しむとか、そういう話じゃない。単純に汚いんだから。カバンの中が汚いから写真を撮らなかっただけ。撮れなかった、の方が正しいか。

 せめてきれいな画質で...と思いデジカメを探せど、どのカバンに入れてそのままにしたのか検討もつかない。たしかグリーンのメッセンジャーバッグだったような気がするけれど、それを手に取って開いてみるまではしない。これも意味の無い文章だ。だってどっちにしてもきったなくて最後は撮れないんだから。自分で解説していて苦しくなってきた。自分で言ったデタラメを「意味が無い」と言いながらズバズバ斬って。だったらバックスペースキーを長押ししてバーッと消してしまえばいいのに。

 

https://instagram.com/p/9THPcRTKCo/

 大学のゼミではパソコンに隠れて眠るだらしない人間だ。こんなだらしない人のカバンの中身がきちっと整頓されているはずがない。整えられているのはキノコみたいな後ろ髪だけ。左右と後ろのツーブロックの長さだけ。太い眉毛だけ。馬鹿みたいだなぁ。

 カバンの中身を紹介すべきお題に対して、無駄な文章を打って、さらには自らの寝ている姿までをも以って、自身のだらしなさを紹介している自分は本当に訳がわからない。「セレンディピティ」「偶察力」を後ろ盾として、普段よりもゴチャゴチャとした文章を書いた。

 カバンの中身を整理整頓すると同時に、文章の構成ももっとしっかり整った形にしなくてはならないなぁと思う。上手いことを言ったつもりでいる。これ。とりあえず部屋もいい加減片付けようと思います。この文章は全て、「整えられているのは~」と「キーボード不精」を言いたかっただけです。さよなら。