こだわりと仕事の話。

 僕がよく行く美容室の、とても仲良しな美容師のお兄さんが言った。

もちろんさっきの注文通りにしたけど、ここにマッシュのラインを入れておいたよ。これは僕のこだわりです。 

 美容師の仕事をふと考える。お客さんの要望に応え、して欲しいと注文された髪型にして完成。それ以上もそれ以下も無く、ただひたすらに注文に忠実に。それが彼ら職人の仕事。注文と違う髪型になればお客さんは怒ってしまうだろう。とても難しい仕事。

 「自分を捨てる」ではないが、そういうような力が必要になるこの仕事は、自らのセンスや好みを一切排したものになってしまいがちだと思う。勝手に。美容師免許を持っていない僕が思う。

 それでは本当につまらないと思う、というのも事実だ。だって自分の好みが全く反映されないものなんて、ちっとも面白くないでしょう。好きにやりたいでしょう。人間なんだから。それでも、やはりお客さんというのは大切なもので、彼や彼女の要望というのが第一優先な訳で。だからこそ、最初のコミュニケーションにおいて『ここはこうしたらいいんじゃないかな』とか、『きっとこういう色の方が似合うと思います』とかいうお話をするんだろう。ちょっとでも自分のセンスや考えを取り入れて欲しい、という名目で。

 僕は、彼の『これは僕のこだわりです。』という言葉を聞くことができて本当に幸せだった。(ああ、この人はきっと「忠実に忠実に…」として自分を押し殺す人ではないのだ)と思った。仕事はもともと辛いものだ、なんて思ったことは無いのだろうと思った。きっと、いや、絶対に彼は仕事を心から楽しんでいるのだろう。

 それに反応できないような、ネガティブな方向にこれが効いてくるような、そういう人で僕があったとしたら、また、彼が(ここまでやっても大丈夫かな)というバランスを知らない人間であったとしたら、きっと僕はキレてその場を去ったと思う。彼の試みは失敗に終わったと思う。「何だこれ!俺の言ったようにしろよ!」と美容室の鏡の前で怒り狂っていたか、もしくはつまらない顔で「はい…」と言って、帰ってから自宅の鏡でマッシュラインを指で引っ張っていたことだろう。早く伸びてしまえ、と。

 仕事にはこだわりが必要だ。社会人になった訳でもないし、そんなに仕事のことは分からないけれど、本当にそう思う。ラーメン屋さんの頑固な店主みたいに、あそこまで自分のこだわりをガンと前に出すのが良いとは言えないが。

 アパレルの店員さんが言う「これは似合うと思います!」という言葉も同じ。あれも、自分のセンスにおいて勧めるだけの話で。紛れも無い「こだわり」の表れである。他の誰かが見れば、もしかしたら完全な間違いかもしれない。そこで後ろ盾になるのが、自らのセンスであり知識・経験。知識や経験を素に、「こだわり」というものが生まれる。だからこそ、仕事をする上では広く深い知識や経験がモノを言う、というのもある。

 こだわらなくては何も面白くならない。「これはこうだから良い」という人間臭い頑なな決めつけめいたものが無いのなら、そんなものロボットにやらせておけばいいのだ。全てを忠実に、髪型だって写真をかざすだけでその通りになるようなシステムに頼ればいいのだ。そこに人間味が活きてくるからこそ、美容師という仕事が、アパレル店員という仕事が、言ってしまえばあらゆる「仕事」が存在して然るべきなのだと思う。

 

 今回の髪型を作って下さった僕の大好きな美容師のお兄さんは、そこで言う「人間臭い美容師」なのだと思った。だから僕はきっとこれからも通い続けるだろうし、これまでもずっと好きでいられたのだと思う。彼のこだわりが詰まった髪型を鏡で見る度僕は、人間臭い彼の下に髪を切ってもらいに行けることができて幸せだと思うのだ。