スケートボードとラジコンヘリ。

https://instagram.com/p/430CNcTKAR/

 ハマっているスケボーのおかげで、最近は腕に傷が絶えない。instagramで「腕に打撲跡の世界地図が出来そうです」と書いたのをほんのちょっと後悔している。酔っ払ってはいないけど、次の日に見直して恥ずかしくなってしまうような投稿だったような気がする。まあ、いいんだけど。

 根っからのインドア派の僕は、こうしてブログをぱちぱち書いたり、シュッ!ポッ!とTwitterを見ていたり、訳もなくお風呂に入って髪をセットしてみたり、弾けないギターを手にとって斉藤和義よろしく「はっしるまーちーをーみおろしーてー」と音痴に歌ってみたり。家でする趣味の方が断然多くて、外に出るのは、大学に行くか、アルバイトに行くか、コーヒー屋さんまで散歩するか、のたった3択ほど。

 大学二年の頃に貰ったスケボーは車に積まれたままで、特にちょっと前までは家にこもってはダラダラと過ごしてきた。それが今になって爆発してしまった。外に出たい。とにかく外に出て、アウトドアな自分を楽しんでみたい。そう思ったら最後、最近は夜な夜な近所の公園に出かけ、ガラガラとスケボーを転がしている。

 趣味というのは良いものだ。それをきっかけにして自分が変わっていくのが実感できる。それまでの自分を決して否定するわけでもなく、新しく生まれた自分を認めてあげることができる。春夏は特にその機会としてピッタリだと思う。外を歩く人々の数が増え、ワイワイと活気を増し始めて、簡単にその波に乗ることができる。

 今日は、公園でラジコンのヘリコプターをふらふら操作しているおじさんに出会えた。

https://instagram.com/p/431otXTKCd/

 素敵なシルバーフレームの眼鏡を付けた、渋い表情が格好良いおじさん。僕がちょっと馴れ馴れしく話しかけると、暗かったけれどキラキラした表情で話をしてくれた。『自分で作ったんだよ これまではもう少し小さいタイプのを操縦していたんだけど、新しいのもやってみようと思って』とにこやかな彼を見て、僕は何だか嬉しくなった。スケボーとラジコン。全く違う趣味を持つ僕らが、新しい季節による新しい気分、それらによって生まれたちょっとした勇気のおかげで繋がることができた。特別仲良くなって連絡先を交換して、今度お酒を飲みに行く約束ができた訳でもなく、娘さんを紹介してもらえる訳でもなく。ふわっとしたつながりが出来る「趣味」というのはやはり最高だと思う。スケボーをしていて良かった。ちょっと外に出てみようと思わせてくれて、本当に良かった。

 飲みに行く約束や、お見合いの約束なんていう下心発のヘタクソな妄想から生まれた架空の約束の代わりに、彼が出してきたのはこんな約束だった。

もう少し調整して出なおして来るわ。また今度会えたら。

 思わず僕も、だらしない顔で

僕も上手くなってまた会えたら!

 と言った。また会える可能性なんてどんなものだかわからない。もしかしたらもう二度と会えないのかもしれない。それでも、なんだか心がほわっとするような、そんな気分になれた。これからの生活に少し希望を持つことができた。夏の暑さのおかげで、この季節に外で騒いでいる人々に吸い寄せられたおかげで、ゆるいつながりのお友達が増えた。やっぱり夏は最高だ。趣味を持つのは良いことだ。