僕には「オシャレ」がわかりません。

https://instagram.com/p/4fUIctTKBG/

 「オシャレ」とは。オシャレになるためには一体どうしたら。オシャレになるためには何を身に付けたら。そもそもなぜオシャレになりたいのか。5W1Hで色々考えても、綺麗な答えが出てくることも無くて。素敵なコーヒー屋さんで買ったコーヒーを片手に持っておけばとか、多分今なら白いポケットTシャツでも着ておけばとか、大好きなあの子にモテたい一心でとか。頭の中には雑多に散らかっているんだけど、選択肢が多すぎてもうわからない。オシャレって何なんだ?と。

 突然の雨に濡れてしまった時に、逃げるように入った喫茶店でそっとハンカチを差し出すことができれば、それはきっとオシャレ。でもそのハンカチの表面で古い表情でミッキーマウスが笑っていれば多分それはオシャレじゃない。ブルックスブラザーズだったりバーバリーだったりすればオシャレ。端っこに穴が空いていればオシャレじゃない。ダメージ加工の穴ならオシャレ。もうわかんないよ。 穴は穴じゃん。そもそもダメージ加工がされたハンカチなんて無いんだろうけど。

 オシャレが何なのかもよくわからないまま、僕らは必死に「オシャレ」になろうとして、もがき続けるのだ。ふわっとした概念を掴もうとして、どこにあるか、それが一体何なのかもわかっていないまま、ひたすらに頑張るのだ。誰かの二番煎じや真似事だと自分は分かっていながらにして、一番煎じや元ネタが相手に伝わらないように祈るのだ。

 オシャレというのは未だに全くわからない。だから、『三浦君ってオシャレだね』などと言われても素直に喜べない。『服が好きなんだね!』と言われれば、キラキラ目を輝かせてうなづくだろうけど、彼や彼女の言う『オシャレ』が全く理解できないままに首をブンブンさせることなんてできないのだ。

 オシャレって何なんだろう。わかんないなぁ。多分こうしてグチグチ言っているこのブログは全然オシャレじゃないんだろう。それだけは分かった。