大事な人達の一部を切り取ること。

https://instagram.com/p/3EADnTTKN0/

 人の写真を撮る時には、その人の顔が全部入らないように気を付ける。instagramや、こうしたブログに載せることが多い自分にとっては、とても大切なこと。勝手にSNSに載せて、タグ付けまでしてしまう人がたくさんいる。僕はそういうのがすごく嫌だ。一言『載せたいんだ』と断りを入れれば、写り次第ではきっとみんな幸せになるはずなのに。

 

https://instagram.com/p/3Dz0TDzKKr/

 この写真もそう。全てが写ってしまってはプライベート的な話で色々と面倒臭い。また、ネガティブな文脈でだけではなくて、(この人はどんな人なのかな?)と思い浮かべるためのきっかけになるかもしれない。後付けのこじつけではあるのだけれど。足りないことを楽しめる日本人だからこそ、きっとこういうのは面白いと思う。

 例えば上の写真。口の上とアゴに伸ばしたヒゲが写るように、お蕎麦にちゃんとフォーカスがいくように。着ているTシャツはYAECAのアインシュタインのTシャツ。(ああ、きっとゆるいプリントが好きな人なんだなぁ)とか、(左手はiPhoneに向かっているのかなぁ)とか。写真にはストーリーがあると思う。人の写真なら、その人の癖も歩き方も、好きなファッションもきっとわかってしまう。ヒゲが濃いのも。僕は彼のヒゲが好きだ。真っ当で。

 僕には写真の技術も構図の知識も無いから、適当に撮るより他の方法が無い。雰囲気を良さそうに、見せたいものにフォーカスを当てて、遠くをぼやけさせれば良いと思っている。くだらない。くだらないけど、すごく楽しいと思う。

 

https://instagram.com/p/2z5LymzKFR/

 

 この女の子は、札幌の景色を見ながらエモーショナルな気分に浸っていた。これからの生活への期待感、きっと大きいはずの不安感。同時に地元に残すたくさんの大きな思い出。僕のiPhone4Sのカメラが、勝手に向こうの景色を少しでもハッキリさせてくれて良かった。彼女をぼやけさせてくれて本当に良かった。ずっと「頑張ろうね」と言った。

 人の写真を撮るのは得意じゃないですが、こうして面白い写真が撮れた時にはブログに上げてみようと思います。うるさいですが、よろしくお願いします。