読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「似合う」って何なの?

 

男友達と深夜にラーメン屋さんに行って、あつあつの醤油ラーメンにハフハフ言いながら話したことが面白かったので、ちゃんと自分の言葉で整理してみようと思います。言葉にすればごちゃごちゃがなんとかスッキリするんじゃないか、という淡い期待で。

 

友達は、僕の伸びたヒゲを見てこう言いました。

 

三浦はヒゲがすごく似合うよ。顔が濃くて、彫りが深いから。僕は似合わない。顔は薄いし、彫りが深いわけじゃないし。同じように、無地のTシャツもそうだよ。絶対三浦は似合うけど、僕は似合わない。

 

僕はたまらず言いました。

 

 それは違うよね。ぜんぜん違う。みんな着てしまえば完成。生やしているならそれで完成。「似合う」とか「似合わない」とかは無いよ。ヒゲ生やせばいいじゃん。無地を着たって絶対格好良いよ。

 

このやりとりがすごく面白かったんです。互いに似たもの同士の自分たちが、共通の「ファッション」という話題を巡って、真正面から違う考えをぶつけ合っていて。

でも、『無地もヒゲも似合う』とか「無地を着たって絶対格好良いよ」とかって言いながら、やはり互いに少し気を遣って意見を言うわけです。僕達は物凄く似ていると思う。ドン!と反対の意見を言わないんです。僕ら2人の間の会話なら特に。やっぱり好きだなぁ。

のろけはこの辺で終わり、本題へ。

 

 

「似合う」って何なの?

 これは、永遠のテーマかもしれません。似合う服。そんなのがわかったら、毎朝の苦労なんて一切無くなるんでしょう。(これとこれを合わせたら自分に合ってないかな…)なんて思う面倒臭さは消えるんでしょう。洋服屋さんに行ってもそうです。(これ、俺に似合ってないかな)と思ってしまって、試着室の中で「うーんうーん」と迷うあの時間。アレがすっかり無くなるんでしょう。鏡の前で寄せる眉間のシワも減るだろうし。良いことずくめですね。

 

 

三浦「着てしまえば完成」

好きな色とか、好きな形とかサイズ感とか、「好きなもの身につけたらいいじゃん」というのが僕の考えです。身につけた時点でもう出来上がってしまったんだから、別にそれを誰が批判することも無い。自分が批判する必要なんてもっと無い。好きだと思ったなら、それを着ればいいんですよ。『日本人にスキニーパンツは似合わない』なんてつまらない考えだと思います。『筋肉質じゃないからTシャツ一枚はちょっと…』とか、『なんでアイツあんなブーツ履いてんのwwwだっさwww』とか。

四角い顔の人が四角い眼鏡をかけてはいけないのか?背の低い人がロングコートを着ちゃダメなのか?と思います。おっさんになったら落ち着いた色の服を着なきゃいけなくて、オバちゃんになったらトラの絵が書かれた服を着なきゃいけないのか。オバちゃんの話は冗談。

 

 

友達「似合わないものは確実にある」

好きな色も、好きな形もサイズ感もあって、でも、「好き」と「似合う」は違うというのが彼や多くの人の考えです。肌の色味、性格、体型。様々な事柄を加味して、そこにフィットするものがある。それとは逆に、フィットしないものもある。例えば太った人のスキニーパンツ。顔が丸い人の丸メガネ。地味な性格の人の黄色いシャツ。色々ありそうです。

似合わないから、身につけない。似合うものは、身につける。自分に似合いそうなものを選んで、似合わないであろうものを排除して。パーソナルカラーのようなもの、スーツのルールブックのような本を頼りに。または、人からの助言やファッション誌に救われて。

 

 

結局のところ、答えは無いかもしれない

『主観』『人はそれぞれ違う』『それを着ている人を見たことが無いんだろ』などといった言葉が、僕らの会話の節々に出てきました。それぞれに対応する、『視点』『個性』『経験』という言葉。

主観でしかものを見られないこと、個性によって人はそれぞれ違っているということ、似合わないと思われたものを身につけていて、なぜか似合ってしまっている人を見たことが無いということ。この3つを考えただけでは答えはバシッと出なさそうですが、なんとなく挙がった3つの言葉が心に引っかかってしまいます。

言ってしまえば、答えなんか無いんだろうと思います。「似合う」って何なの?という疑問に対する、バッチリハマる答えなんて存在しないんじゃないかと。塩顔のイケメンが着ている無地のTシャツを見てカッコイイと思う人もいるだろうし。これは「イケメン」の文脈に完全に持って行かれている悪い例なんだけど。

だからこそ僕は、みんながそれぞれ好きな服や靴を身につけて、好きな合わせ方で好きなようにファッションを楽しめばいいのにと思うんです。『似合わない』って諦めてしまうのはすごくもったいないと思う。

でも、彼の言葉にもちゃんと理解を示そうと思います。主観主観で他の意見は全く見えない人にはなりたくない。それこそ、つまらない人みたいで嫌だ。もう少しちゃんと考えて、もっと深めてみて、その結果わからなくてもいいです。こうして考えることは無駄ではないと思います。今回のように答えが見えなくてもいいんです。

 

2000字も書いてしまったけど。読んでくださった人から『オチが「わからない」ってどういうことだよ』って怒られそうだけど。