結局のところ、僕は僕なのだ。

 

実は僕、2/3-7の間に東京・横浜に遊びに行っていました。Twitterinstagramでは、多くの投稿により多大な迷惑をお掛けしまして、申し訳ありませんでした。全然そんなこと思ってないけど。すごく楽しい5日間で、常にニヤニヤゲラゲラしていたような気がします。紛れもなく幸せな時間と日々でした。

そこで見つけた面白いものを、ここに上げていこうと思います。そんなに面白くないかもしれないけど、ぜひ見てみて何かの足しにしてください。きっと何の足しにもならないと思いますが。


このポストにも書いたように、きっと「無駄」なんですけど。

 

http://instagram.com/p/youOktTKOZ/

金次郎君、君は熱心だねぇ。

八重洲ブックセンターの前で熱心に本を読んでいる青年がいたので、許可なく写真を撮ってしまいました。何の本を読んでいるのかな。薪なんて背負って。彼を見た時に少し思ったのは、

これ、iPadだったらちょっと面白いな。

ということです。本当に僕の思考はくだらないと思う。でも、実はツムツムとかパズドラをやっていたら面白いですよね。面白くないかな。すごいエッチなサイトを観ていたりだとか。これ以上言ったらどこかのお偉いさんに怒られてしまいそうだからもう言いません。結構ボーダー超えた感じあるな。大変申し訳ありませんでした。今回のは本気で思っています。

 

http://instagram.com/p/yqdeP2TKLs/

#ヨコハマさわやか

『ヨコハマさわやか』と書かれた電柱。なんでもないんだけど、なんか面白く思ってしまって。ヨコハマに住んでいる友達と2人で歩いている時に見つけて、彼にこれを言ったところ、

え、見落としてた。三浦は気づくなぁ。

とのお言葉を頂きました。(いや、さすがにこれは気づくでしょ)と思いましたが、やはり住んでみると余計なことには気を取られなくなってしまうのかなぁとすこし残念に感じたぐらいにして。何と言うか、「慣れの怖さ」というか、何と言うか。一歩離れた視点で、北海道から来た人間の視点で見ていたからこそ気づいたのかなぁ。客観的な。

 

http://instagram.com/p/yrQ_M9zKNf/

#空想の世界

どこぞやのお店に貼られていた書道の作品たち。たしか横浜だったかなぁ。「いつも笑顔」、「おとし玉」、「もみじ山」などのほんわかした作品が並ぶなか、ひときわ目立っていたのが

空想の世界

という作品。しかも字がめっちゃ綺麗。もう、笑うよりほかなくて、1人でずっとニヤニヤしながら写真を撮っていました。すげえ綺麗な字。その右上の

四国

というのも結構ニヤニヤさせるパワーを持っていると思います。「だってここ横浜じゃん」と口にしてしまい、何だか負けたような気分になりました。してやられた。あざといなぁ。面白いなぁ。

 

http://instagram.com/p/ytSw1NTKCg/

なんだかいい感じ。#引 #pull

民家のドアに書かれていたタイポグラフィが、ちょっと素敵だったので写真に収めてみました。"Pull"の"P"の穴の中に、「引」の文字。PullとPushはどちらもPで、少しわかりづらいから書いたのかな。優しいデザインを見たような気がして、少しほくほくしました。

 

http://instagram.com/p/yvwcFfTKMv/

もしかすると立ち入ってもいいのかもしれない。#立入禁止

「立入禁止」のポスターをわざわざ逆さにして貼ってしまうもんだから、意味合いまで逆さなんじゃないかと勘ぐってしまう。これもしてやられたような気になりました。完全に僕の中だけの妄想であり勘ぐりなんだけど。(ああ、逆だ面白い)にとどまらず、(これ、入っていいんじゃないか?)と思ってしまう自分の考え方や思考の巡らせ方は、自分で言うのもなんですが凄く好きです。僕は割と自己愛強めな人間です。

 

こんな感じで、向こうでも変わらず面白いものを見つけては1人でニヤニヤして、iPhone4Sのカメラを即座に起動させてはシャッターを押していました。結局旅行に行ってもこんな感じなんだなと思って。すごく面白かったです。小さな幸せをちょろちょろ拾い集めているような感覚で、とっても。