読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火傷するほどの恋。

http://instagram.com/p/x0XL3oTKOE/

❤︎の火傷痕。熱すぎる愛でした。

バイト先で右足に熱過ぎるお茶をこぼしました。たぶん二、三滴だったんだろうな。家に帰ってから確認してみると、見事にかたどられたハートマーク。これならずっと残っていても話のネタになるからいいや、と思ってしまうほど。冬に裸足になる機会ってあんまり無いけどね。ネガティブなことでも、とらえ方次第でなんとかなるもんだなぁと思います。火傷は熱いしヒリヒリするし、火傷して得することなんて一つも無いはずなんだけど。大事にしたい火傷痕は人生で初めてです。

 

http://instagram.com/p/xwaPr-TKEA/

友達と雑誌読みながらバナナジュース飲んでるんです。#FUDGE #ONKUL #POPEYE #Banana_Juice

全然関係ないけど、女の子のことを理解したいなら、女性向けのファッション誌を読むのが得策です。男性と女性のそれぞれのファッションは違うから、自分が住んでいない世界を知るためにとても有効だと思います。特に、今回買った『ONKUL』という雑誌。これはもう凄いです。何が凄いって、とにかく

こういう女の子、なんか好きだなぁ 

 と、いちいち思わせてくる辺りです。僕自身、女性のためのファッション誌は一切買ったことが無い人間だったのですが、この雑誌を買って以来(これから買い続けようかな)と気持ちがシフトされっぱなし。だって、特集が『いちじく』ですよ。『重めなニット』ですよ。タイトルなんて『ジェントルマンに憧れて。』ですよ。何それ。好きになっちゃうよ。妄想しか膨らまないよ。

ちょっと思っていたのは、(なんだか女の子の内側を覗いているみたいだなぁ)ということと、そのちょっと後に、(こういう風に思ってる女の子っていいなぁ)ということです。何言ってんだろ。よくわかんないや。

女の子が思う「女の子の理想」としてきっと書かれているはずなのに、いつの間にか「自分の、女の子にこうあって欲しい理想」にシフトしているような感覚。すげえ言葉にしづらい。そういうのを得られるので、女性向けファッション誌を男性が読むのは本当にオススメです。

自分が住んでいない世界を知るためにとても有効だと思います。

 って自分で言ったのに、論点がブレブレです。何を書いているのか、自分でも少しわからなくなっちゃった。『男性誌/女性誌』という大きい分け方がある中で、「自分のとは違うであろう世界」を見ているんだけど、いつの間にかそれを「自分が思う理想」、「自分の思っていた別世界のあって欲しい姿」みたいな見方で見てしまう感覚。自分寄りに引き寄せて、結果自分の中に取り込んじゃうみたいな。

『女の子ってこう思ってんだ。』から、『女の子にこう思ってて欲しいな』という感覚になっちゃう。一人で妄想してる感覚になっちゃう。「いちじく好きな女の子っていいな」とか、「バブアーのオイルドコート貸してあげよっかな」と思ってしまう。バブアー持ってないんだけどさ。

だから、女性誌って女性だけのものじゃないなぁと思いました。男性が読んでも全然問題なく楽しめる。むしろ、積極的に読んでみたらいいと思うほどです。ただ、ここまで読んでくださった男性のみなさん。立ち読みだけは絶対にやめた方がいいです。間違いなくニヤニヤしてしまうし、女性誌を読みながらニヤニヤしている男性は、最悪捕まります。