読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッションについて再度考えてみた。

http://instagram.com/p/tsHEfBzKPl/

スープカレーの王様です。KINGというスープカレー屋さんに行きました。

札幌スープカレー | SOUP CURRY KING

 

これを言ってしまえばもうおしまい、みたいなところがあるな。『スープカレーの王様です』と。でも本当にそれくらい美味しかったです。とんこつで取ったダシが入っているそうで、たしかに何だかこう、和風を感じさせるような味がしました。和風ダシととんこつのスープをミックスしているそうです。すっごい美味しかった。是非また行こうと思います。

 

http://instagram.com/p/tsBS4nzKIO/

 

札幌には、一足早い冬のような秋がきました。もう雪が降るんじゃないかな、と思うほどの寒さです。夜や朝なんてもうブルブルしながら歩きます。ダブルのライダースを下ろして、白い息を吐きながら。タイトに着たいので、インナーはTシャツ。スウェットパーカーなんかを合わせてしまうと、ふっくらしてしまいます。寒い時にはそうするのが絶対正しいのですが、ライダースには主張の強いTシャツを合わせたい気分です。

オシャレはガマンだ

という言葉が大嫌いな僕ですが、ライダースを着てしまうと最後、自然とそういうスタイルをしてしまいがち。ガタガタ震えながら鼻水を垂らし始めたらもうやめます。

 

 一日のファッションを決める時に、僕がまず一番最初に考えることがあります。それは、

どれを主役にするか

 ということです。例えばライダースを主役にしたい、一番見せたいと思った時には、インナーやボトムスは割と静かめなものを選ぶべきです。Houyhnhnmでは今、「Hanes」の特集を組んでいますが、

 

こういった無地のアイテムを合わせるのが良いと思います。ライダースの強さがバキッと前に出る感じ。一番見せたいライダース以外をシンプルに抑えることで、いい意味で「アクの強さ」というか、そのアイテムの性格が相対的に浮き出るというか。押し上げて浮き出すのではなく、他を抑えて結果的に浮き出させるという。言い換えれば引き算のコーディネートとも呼べます。そういう風に主役を浮き出させる。

 

主役は1人とは限りません。トムとジェリーみたいに、主役が2人いたって良いんです。例えばアウターにアクの強いアイテムを持ってきて、シューズにもバキバキした色味をプラスしても。

ただ、この場合は1つ考えるところがあります。それは、『動物』という土俵に揃えること。また、それら以外の部分を極力目立たなくさせること。トムとジェリーの中に、人間はほとんど出てきません。足しか出てこない。

これはまさに「抑える」という行為。トムジェリーを目立たせるために、ネコやネズミではない人間はその顔を全く出さない。そうすることで、動物であるトムとジェリーの存在感を際立たせることができます。いや、「人間も動物じゃん」と言われたらそれまでなんだけどさ。

 

誰を主役にするのか。そして彼らを引き立たせるために、どんな脇役を設定するのか。これらを考えることで、きっとこのブログを読んでくださった方々は少しだけオシャレになれるんじゃないかと思います。上から目線でちょっと気持ち悪いですね。すいませんでした。参考にしてみてください。