僕がブログを始めた、たったひとつの理由

今週のお題「書くこと」

 

今週のお題に関して、『なぜブログを書き始めたのか』というのがピッタリだと思ったので、それについて一生懸命書こうと思います。タイトルの古さはツッコまないでください。もっと目を引く気を引くタイトルを思いつける人間になりたいです。

僕がブログを書き始めた理由は1つだけで、それも物凄い明確なものです。汗臭くてニキビまみれのものです。この表現はよくわかりません。なんとなくそういう感じです。それは、

 

 

モテたい

 

 

 これに尽きます。たったひとつです。お金なんて一切要りません。オシャレな洋服の写真をわざわざモノクロにしてから載っけて、

http://instagram.com/p/s2mV_7zKOR/

 

彩度をバキバキにしたおにぎりの写真を載っけて、

http://instagram.com/p/s1bwx1zKPZ/

お母さんのおにぎり美味しい。

『お母さんのおにぎり美味しい。』なんていうinstagramのタイトルまで消さずにそのままで。これも(お母さん思いのいい人だなぁ)と思われるための戦略みたいに考えて。

ただひとつの終着点である『モテる』というのに向かって鼻の下を伸ばしながらキーボードを叩いているわけです。上半身裸で秋の風を寒がってくしゃみをして。

 

http://instagram.com/p/sv9wE3TKBt/

駐車がヘタすぎてこんなんなってます。『襟裳の春は何も無い春です』なんてあのおじさんが歌っていたけど、秋も何もありません。

これだってそうです。「最近クルマに乗ってるよ。可愛い女の子とドライブしたいな。」というのを、ウィットに富んだ風に出来る限り自分のその邪過ぎる気持ちがバレないようにクールに書いています。仲良しにはバレてるはずです。

なぜなら、僕がヒゲを伸ばしている時のツイートを察して、僕の仲良しの友達が

ヒゲ伸ばしてるの言いすぎじゃない?

と呆れ気味でリプライを飛ばしてきたことがあったからです。絶対今回もバレてます。わかりやすい三浦です。服を買ったらすぐに写真をアップしてしまうし、大通公園行こう。』なんていうツイートはパスじゃないとは言え、3割は友達を期待しているし。

最近はinstagramにて位置情報を逐一付ける方法を使っています。実家に帰れば地元の位置情報。面白いものを見つけても位置情報。もう、GPSで行く所行く所全部公開した方が早いんじゃないかと思えるほどです。instagramを使い始めたのもなんとなくセンスが良い人だと思われたいという、うっすいしょっぱい動機ですし。

 

結局僕はモテたいという、くっだらない理由だけをエロい顔で見つめながら、鼻の下をグイグイ伸ばして、何事にも取り組んでいるんだなぁと思います。急に爆発的にモテないかなー。『ブログ読んだよ!!』なんて言われて。無いな。寝よう。