『浴シャワ三万』から考えること。

http://instagram.com/p/sO18uBzKNz/

#浴シャワ三万

浴槽とシャワーが付いて30,000円という意味なんでしょうか。きっとそうでしょう。6文字だけでお部屋の情報のほとんどを明記してしまうこの家主さんに感服です。ミニマル。

 

ミニマルというのは「伝えたい情報」を明らかにするために、「余分な情報」を排除していく考え方です。引き算の考え方。足して足して、どんどん情報を詰め込んで、詰め込んでいくうちにどんどん伝えたい情報が増えていって、それもまた足して......

そうしていくうちに、本当に伝えたかった情報が埋もれてしまいます。一番伝えたかった『浴槽・シャワー付き三万円』が、どこかわからないところに埋もれて見えにくくなってしまう。

 

好きな人に告白する時なんて、まさにそれです。

顔が可愛くて、ファッションも自分好みだし、考え方が自分にフィットしていて、前行ったパスタ屋さんでの店員さんに対する気の遣い方なんて本当にもう最高で、そういえばあの時言ってたあそこにも一緒に行きたくて........

 何が言いたいのか全くわかりません。特に「なぜパスタ屋さんが出てきたのか」が全然わかりません。だったらもう

 

好きです

 

 って一言だけ言えばいいのに。たった4文字です。「かおがかわいくて」でもう8文字。倍です。聞いている相手からすれば『うーん、何が言いたいの?』しかありません。

好きだということを伝えたいあまり、その周りでふわふわしている事柄をたくさん言ってしまって。相手はきっとそんなのを求めていないと思います。(早く言えや!)くらいに思ってるんじゃないか。

 

こういう感じで、ミニマルな方法で物事を伝えるのはけっこう効果的じゃないかと思います。本当に伝えたいことを意識して、それを伝えるためにくっ付けた色々なものを切り取って、伝える。

 

 

そのためには、客観的に見つめなおすことが非常に大切です。自分に酔っていては、大事な事柄が埋もれていることにも気づけません。(あー、これ最高だわ)と言いながら、どんどん深みにハマります。最終的に好きな女の子の前でギターを弾きながら自作の歌なんか歌っちゃいます。いや、それもそれとして格好良いんだけど。

(そもそもこの『ギターを弾きながら』という例も余計なもので、またそれについて言及しているこの文すら余計なんですけどね。)

 

自らで客観的に見つめなおすのが難しいなら、人に見てもらうのが一番手っ取り早いです。恥ずかしいけど、人から

何が言いたいの? 

 と言われて下さい。コテコテになってしまった情報の山を、ガッツリぶっ壊されてください。絶対恥ずかしい思いをしますが、間違いなく伝えたい情報がハッキリします。それによってハッキリしたのが本当に伝えたかったことなんだから、それを伝えたらいいんです。『浴シャワ三万』です。

もっと書きたいことがたくさんありますが、僕もきっと余計なことを書きすぎたので全然ミニマルじゃない考え方になっていると思います。相当ダサいのでこの辺でさようなら。