言い換えの美学。

http://instagram.com/p/sYbZ1_TKAX/

ママチャリの変速に「褒め方」を見た。『速 平 軽』。「重」ではなく『速』にする。かと言って、「遅」ではなく『軽』にする。#bicycle

これが朝から僕のツボをけっこう強めに突いてきました。自転車の変速なんて、ちゃんとバシッと変わるなら別に他に何のこだわりも無いもんで。"change"なんて書いてあるくらいにして、単純にギアが変わればいいだけの道具なんですよ。僕にとっては。

こんな小さいことも、気にすれば気にするだけ何かしらを発見できます。これ、Instagramでも触れたのですが、

『速 平 軽』

 と書いてあるんです。これらだけを切り取って並べても、何を言ってるんだかよくわからないんですけど。

これ、

でそれぞれのギアに対応してるんです。一速は『軽』、二速は『平』、三速は『速』として。

でも、普通に考えたら『軽』の反対は『重』なんだから、三速のところには『重』と書くべきですよ。一方違う方向で見れば、『速』の反対は『遅』なんだから、一速のところには『遅』と書くべきです。でも、そうしない。

意図があってそうしたのかはわからないのですが、僕はここにデザインの器用さを見ました。マイナスなワードを使うことなく、プラスな言葉で利点をわかりやすくしているというか。「褒め方」の勉強になるような気がします。ポジティブな感じで。

そりゃ売れなかったら困るのは企業側で、モノが売れるようにするためには、使う人に向けて『ポジティブでしっかりしたメリット』を伝えないといけません。「僕達が作ったこれ、すごくいいよ!」というのを、ちゃんと考えて伝えなくてはなりません。

それが、今回の『軽 平 速』にぎゅっと詰まっているような気がしました。

 

『重』って書いてあったら使うわけねえじゃん!!!

 

そんなの当たり前です。わかってるんです。たいていの人が『重』なんて書くわけない。デメリットなんだから。

「言い換え」の話です。伝え方。その道具を使う人に対して、より良く伝えるためのひとつの方法として『速』としたこと。これって当たり前のことかもしれないですけど、立派だと思います。本当に上手いなぁと思います。こういうことを日常的に使える人はきっとモテるんじゃないかなぁ、と。