テーマがあれば楽しめる。

今日は近所のコーヒー屋さんへ行きました。新しく『BANANA』というメニューが出来たとの噂をTwitterで知ったので、せっかくだから味見してみたいなぁと思いながら。

エスプレッソをバナナジュースに混ぜて、エスプレッソの強い苦味とバナナの豊かな甘味の同居。『同居』というのはバリスタのお兄さんが使っていた言葉で、素敵だったので僕も使ってみました。「ポエマーみたい」と言うなら、それはお兄さんに言って下さい。

http://instagram.com/p/rYx-L_zKI8/

しばしば出てくるコリコリとしたクルミの食感が、僕をずっとニヤニヤさせました。#coffeestand28 #cake #banana

 

添え物のお菓子として僕が選んだのはバナナのパウンドケーキ。ところどころにクルミが混ぜ込まれていて、バナナの柔らかい触感とクルミのコリコリした食感との対比がすごく面白いケーキです。とっても美味しかったです。

あとあと気づいてみれば、今日は8/7。バナナの日だったようで。狙ってないんだけどバッチリフィットしていて、今日は最高の一日だったような気がします。

 

いつも僕は何かひとつ行動をする時に、テーマを決めてそれを実行するようにしています。たとえば海に行くときは、服装のどこかにブルーを取り入れてみたり。

山に行くならTシャツはグリーンにして。

フレンチレストランに行く時にはきっとフランスのブランドのネクタイを締めるだろうし、予定が全く無い日には無地のTシャツを着てみたりします。

そういう風にして、一日を最大限楽しめるようにステージ作りには余念がありません。テキトーに服を着るなんてありえません。だからいつも遅刻するんだろうけど。だらしないなぁ。

 

今日もそのうちの1つで、一個『BANANAというドリンクを飲む』と行動を決めたら、そのコンセプト・文脈・テーマに沿ったものを添え物として選ぶ。これが何かを食べたり飲んだりする時に楽しめるひとつの方法です。

そしたら何とビックリ。全く意識していなかったところで今日がバナナの日だと知ることになります。「結局コンセプトなんて後からついてくるものなんだ」なんて思ってしまうけど、後出しでちょっとズルいけど、最高です。

 

明日は8/8。『ばばの日』という感じでしょうか。友達の『馬場くん』に連絡してみるもよし。おばあちゃんに久々に電話をしてみるもよし。

関西弁で『ババ』と言うとちょっと汚い感じになってしまうけど、それにまつわることをしてみても最高ですね。下水処理場の見学に行ってみるのがいいと思います。茶色のTシャツを着て。これはふざけすぎました。『カレー』という言葉を出さなくて良かったです。