エスパドリーユではなく。

http://instagram.com/p/qTT65PzKN6/

 

モロッコのおみやげを頂きました。『バブーシュ』と呼ばれる靴だそうで、主にヤギの革を使って作られるみたいです。モロッコの民族衣装で正装をする時には、イエローのバブーシュを履くのが習わしなんですって。

機械で製造するのが難しいこのバブーシュ。そのほとんどが手作業で作られていて、モロッコには数多くの職人さんがいるほど。人工物がほとんど使われていないので、革製品特有のニオイがします。それもまた良い感じ。

僕が頂いたものはキーホルダーになっていて、人差し指でジャストサイズです。ちょっとオシャレをして、カチッとした場所へ行く時にはこのキーホルダーをバッグに付けてみるのも面白そうです。話のネタになりそう。

エスパドリーユという形の靴が流行している現在ですが、履きやすさ・脱ぎやすさという面ではこの「バブーシュ」というのも同じような感じです。先が尖った靴を嫌う女性が多いことは周知の事実ですが、そこをあえて、このバブーシュで夏を乗り切るのも楽しそう。

毛先さえ遊ばせすぎなければ、髪をブリーチし過ぎさえしなければ、チャラチャラした格好にさえ合わせなければ、バブーシュのトンガリ具合も受け入れてもらえるんじゃないでしょうか。

僕にはまだちょっと勇気が足りないので、指先に付けて遊ぶくらいにとどめておきます。