読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕刊フジを読みながら

今僕の頭の中を占拠しているイベントがこれ。

SAPPORO CRAFT BEER FOREST 2014

Sapporo Craft Beer Forest (サッポロクラフトビアフォレスト) | Facebook

サッポロクラフトビアフォレスト2014。本当ならば12,13とどちらも参加したいのですが、12日はいかんせん予定が入ってしまっていて行けそうにありません。13日は11:00-17:00に開催されるそうなので、お昼からクラフトビールでほろ酔いを楽しめそうです。あー。あと4日。友達を誘って行くのも面白そうですが、1人で行って現地で友達ができるのが理想だなぁ。

http://instagram.com/p/pyrCiQTKPn/

http://instagram.com/p/nyCeSHTKKs/

アルコール中毒ではないと思います。ではなくあって欲しいです。単純にビールが大好きなんです。タイミングはよくわからないですけど、いつの間にか好きになっていました。暑い夏だからこそ、ひんやり冷えたビールを飲みながらぽわぽわしているあの状態が。想像しているだけで僕はお昼休みにファミリーマートへ足を運んでしまいそうです。

エッチな本の真向かいにあるお酒コーナーをチラチラ見ては、(飲んだらどんな感じなんだろう)と思っていた18歳の夏が懐かしいです。その頃は飲んでいないけど。もちろん。

 

そう思ってみれば、僕もいつの間にか大人になってしまいました。高校の頃に着ていたような派手な服は着なくなって、いつの間にか落ち着いた藍染の製品ばかりを身につける様になって。硬めのヒゲも生えてくるようになって。夜更かしをすれば次の日はツラくなってしまって。

http://instagram.com/p/eop_m_TKKe/

 

http://instagram.com/p/dWEQ0yzKIl/

藍染の製品」と「大人になること」は全く関係ないんだけど。

「好みの安定」というのは、大人になったような実感を生みます。経験を重ねて、その内に何か大事な物や事が見つかって、どんどん好きになっていって、気づいたらそればかりが自分の周りを取り巻いて。周りが見えなくなってしまうほどではないにしても、それくらい濃くて固いものが出来ます。

それがビールなんていう、見た目でわかりやすい「大人」の指標なんだから。勘違いかもしれないけど、自分が大人になってしまったような感覚です。

もしかしたらそれは後々、おじいさんを見た時の「頭カタいなぁ」みたいなのにもなり得ます。好み・嗜好や自分の中の考えに縛られすぎて、どんどん排他的に。現に僕はワインや梅酒を飲めないですし。きっと僕が思う『濃くて固いもの』が出来てしまって、それが他のものを見られなくするほどの壁みたいになってるのかもしれません。おじいさんみたいになってるのかもしれません。

『頭でっかち』なんて言いますからね。僕の頭は事実として物理的に長い訳で。身長と足の長さだけに救われている訳で。これはくだらないな。

 

なのに、人を否定することを怖がっている自分は、なんというか気持ち悪いポジションです。ただ頭が長いだけの人間です。よくわかりません。『排他的』とか格好付けて言いながら、勧められれば梅酒もワインも飲むし。「うまいね!」ってすぐ言っちゃうし。排したいけど、排するための勇気も能力も無い。

もっと余裕のある人間になるべきです。このままじゃただの頭の長い、青い格好をした、ビールを片手にふらふらしているだけのおじいさんみたいなイエスマンです。

 

僕は何が言いたかったんでしょうか。きっと酔ってはいないはずです。